株に関する情報について説明する人のシルエット

株は情報の世界です。ほんの少しの情報でも知っているのとそうでないのとでは結果に違いが現れます。どういった株が狙い目なのか?こんな株は買ってはいけないなど、こちらでは株に関しての様々な情報を紹介したいと思います。

さくさの株を安く入手する方法と宗教法人に対する課税

さくさという会社が存在しますが、多くのグループ会社を傘下に置く、持ち株会社になります。さくさは、東京都港区に本社が存在します。主に情報通信システムの機器を開発する技術を持っています。子会社では製造や販売を行っています。その経営管理を行なっているのが、さくさの特徴です。
さくさは東証一部に上場している会社ですので、株式の購入ができるようになっています。2016年3月の時点では、200円前後の価格をつけています。最低数が1000となっていますので、おおよそ20万円から購入できる計算になります。しかし、必ずしも約20万円が必要というわけではありません。証券会社によっては最低数の1000よりも少ない数で、取引できる方法が用意されています。この方法を利用すれば、200円程度から入手することも可能です。
日本の会社は法人と呼ばれていますが、一般的な会社とは違い、宗教法人というものも存在します。宗教者とその信者が関わることで、経営をしている法人になります。
宗教法人は、非営利団体として存在します。非営利団体は剰余金配当や、残余財産分配をすることができません。つまり、株式を発行して、資金を集めることができない状態です。
但し、非営利だからといって全く利益を出しては行けないという決まりはありません。経営を存続するためにお金を集めたり、働いている人に対して給料を出すための、利益をあげることはできるようになっています。
また、宗教法人が他の会社の株を保有することも許されています。一般の投資家であれば、配当や売却益に20%の課税が発生しますが、宗教法人は経営に必要なお金は非課税であるため、100%利益を得られることがあります。