株に関する情報について説明する人のシルエット

株は情報の世界です。ほんの少しの情報でも知っているのとそうでないのとでは結果に違いが現れます。どういった株が狙い目なのか?こんな株は買ってはいけないなど、こちらでは株に関しての様々な情報を紹介したいと思います。

ヒオキの株主優待は信州りんご折れ線グラフの意味

ヒオキは長崎県上田市に本社を構える会社です。テスターといった、電気測定器を作る会社として知られています。
電子測定器の他、現場測定器の製造にも力を入れており、国内では中堅クラスの規模を誇っています。国内だけでなく、アジア諸国の進出にも意欲的です。
この会社は株式市場に上場しており、機関投資家や個人投資家が自由に株式の取引をできるようになっています。1991年の7月に上場を果たしています。決算は12月末日です。
株主優待も用意されています。権利確定日は6月末日です。この日に100株以上保有していれば、権利を得られるようになります。優待の内容は、長野県の特産品である信州りんごです。3.5kgから受け取れます。
株式市場の各銘柄を確認していると、折れ線グラフが必ず表示されています。この折れ線グラフはチャートと一般的に呼ばれています。
このチャートの意味は、過去の一定期間に生じた、その銘柄の株価の推移をあらわしたものになります。1日の値動きを見ることもできますし、1周間や1ヶ月、1年や10年などの期間が確認できます。
チャートの動き方を見ると、売買のタイミングが掴みやすくなります。チャートにはいくつかのトレンドがあり、上昇と下降を繰り返しながら徐々に上がっていくことを上昇トレンド、上げ下げを繰り返しながら下がり続けるのが下降トレンド、上げ下げが一定で、上昇も下降もない状況を、もみ合いといいます。
上昇トレンドでは株価が長期にわたって上がりやすくなりますが、下降トレンドは全く逆の状態に陥りやすい状況です。下降トレンド中の購入は、気をつけるようにします。もみ合いは上下の幅が狭くなると、上昇か下降のトレンドに変化することがよくあります。