株に関する情報について説明する人のシルエット

株は情報の世界です。ほんの少しの情報でも知っているのとそうでないのとでは結果に違いが現れます。どういった株が狙い目なのか?こんな株は買ってはいけないなど、こちらでは株に関しての様々な情報を紹介したいと思います。

株を購入した際の勘定科目と受取配当金の益金不算入

法人において株を購入した場合、通常有価証券、投資有価証券、子会社株式、関連会社株式、自己株式に大別されます。前半の有価証券はよく耳にするところだと思います。また、子会社、関連会社については、支配力がどの程度かによって科目が変わってきますし評価損益を計上する基準も有価証券等とは異なった基準で行っており、同族会社間で利益操作等が出来ないような仕組みになっております。また、一般持ち主に大変喜ばれるものとして自己株式の買い入れです。これは、市場に出回っている株式を発行主体である会社が自身で購入するもので、市場に流通する絶対的数量が減る分投資家の持っている分の価値が相対的に上がるからです。一般的にこういった会社は評価され値が上がるのが常です。証券アナリストなどのリポート等にもこういった行為は評価されます。また、会社にとって、特にグループ会社をもつホールディング形式の会社では、関連会社の受取配当金をどう経理処理するかが問題になります。あまり特殊になりすぎても意味がありませんので内国法人でのケースでご説明すると、完全子会社法人の配当、完全子会社とまでは言わないが支配力の強いもの(発行総数の25%が基準)の配当については、益金に入れないこととされています。益金不算入という用語を使います。受取配当金の中にはこのような法人からの配当金の他、信用金庫などの出資金に対する配当金、剰余金の分配、証券投資信託の収益分配金等で受取利息等とあわせて受取利息配当金といった科目で統一してしまうケースも多々あります。配当金、受取利息は受け取る段階ですでに減税を徴収されてからの預金口座への入金になりますので会計処理としては仮払税金として処理しておき、決算時に法人税の前払として控除します。会社で経理を担当されている方は、配当のあるたびに都度勘定科目を間違わずに処理しなければ決算時に大変ですので日日の仕訳が大切です。